!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの稽古は心落ち着かせ
2ヶ月ぶりにお茶の稽古。
この数か月のバタバタで、稽古に臨むことができずでありましたが、
ひとつ心落ち着かせ、新年に向かうために行ってまいりました。
お稽古1220 (1)
いつもの路地をすすみ、いざ。
お稽古1220 (2)
椿「炉開き」。
椿の種類もいろいろですなあ。秋咲きの椿。
飴釉の花入れに丸板。
お稽古1220 (3)
軸は紫野大徳寺の故・大亀老師90代の筆。
払子の絵です。
新年に向けて色を払う思いを表す。
まさに今の私に当てはまる軸。

やはり、先生のところに伺うと得るものが多い。
2ヶ月の間伺えなかったのはもったいないのかもしれないが
それもまた、自分なり。
スポンサーサイト

テーマ:茶道入門 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/549-9075adb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。