!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天ぷらの極意ってなんだ
先日、沖島で小鮎小糸漁の初漁があった。
当然、小鮎は天ぷらがベストの料理だろう・・・

いろいろ小鮎の料理を考えても今のところ、小鮎と油との相性以上の組合せが出てこない。

となると、どんな油で、どんな衣で揚げるかが、小鮎料理の展開だろう。
稚鮎天ぷら 002

日本料理にとって天ぷらとは、長くお客様に愛される人気料理のひとつ。
もはや天ぷらだけでもひとつの料理分野と言ってもいいのかもしれません。

松花堂弁当、会席料理、一品料理、天ぷらうどんに天ぷらそば、
天丼に天茶漬けなど様々なシーンで、様々な素材の天ぷらがあり、
専門店、専門職人も存在する日本料理の中の金字塔です。


その天ぷら、以前勤めていた竹取亭ではお座敷で天ぷらを揚げておりましたが、
その時お客様に最も多く質問されたのが

「どうやれば上手に天ぷらが揚げられますか?」でした。



実のところ、天ぷらとは

「小麦粉と水(ときに卵も)で作った衣を付けて、油で揚げる」だけのシンプルな料理です。



なもんで、案外誰でも簡単に作れるのですが、


これを「上手に」と条件が付くと話が深くなります。



一般的に天ぷらの良し悪しは


1.サクッと歯ごたえがいい
2.素材の特徴を引きだしている
3.油切れがよく、軽い


といったところでしょうか。



この仕上がりの再現性を高めることが出来る技術を
「天ぷらの極意」とでもいうのでしょうね。



簡単にできる料理なんで、何も考えずに上手にできることもあります。

ところが、これを毎回、毎日、そしてどんな条件でもできるのがプロであり、
「天ぷら職人」と言うのでしょう。



1番から説明していくと実は超~長いんで、今日はこのぐらいに。




次回は、「天ぷらをサクッと揚げる」でいきませうかw
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
【2012/05/20 11:59】 URL | 履歴書のサンプル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/573-a821cc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。