!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天ぷらをサクッと揚げる(長い話)その2 油の温度
天ぷらの油。

油の温度が仕上がりに大きく関わっていることはよく知られていること。


一般的に天ぷらの温度は180℃が良いと言われているが、まあ間違っていない。


仕上がり温度は180℃以上でないと油切れが悪く、衣に多く残ってしまうからだ。




当然軽くサクッとした天ぷらにするには油切れが良いことは必須。


ところが、ネタによって常に180℃で揚げるわけにもいかない。


というのは、油切れのよい180℃は衣も焦げやすいぎりぎりの線だからだ。


特に揚がりに時間がかかるサツマイモやカボチャは180℃で最初から揚げると
しまいには焦げすぎになる。


だから、その手のネタを投入するときは165℃ぐらいからがいい。

そしてネタに熱が入ったころ、180℃に温度が上がるように火を調節する。


かき揚げの場合はさらに温度を下げて160℃ぐらいから投入する。



特に野菜ものは低めの温度で揚げて仕上がりを高い温度にするネタがおおい。


専門店では温度の違う鍋を2つ用意するところもある。




この油の温度調整は、熱センサー付きの鍋であげるのもいいが、
火力を上手に使いこなせるようになると、センサー頼みの仕事ではかなわない。


やはり、昔ながらの感覚に頼ったほうが、旨い天ぷらになる。


さて、他の店ではどうだろうか。



次回はその油の種類による違いにしようかw
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/575-d7da4311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【天ぷらをサクッと揚げる(長い話)その2 油の温度】

天ぷらの油。油の温度が仕上がりに大きく関わっていることはよく知られていること。一般的に天ぷらの温度は180℃が良いと言われているが、まあ間違っていない。仕上がり温度は180℃以上でないと油切れが悪く、衣に多く残ってしまうからだ。当然軽くサクッとした天ぷ... まとめwoネタ速neo【2012/05/18 14:33】

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。