!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月の「つきぢ田村」にて
先月の定休日にあったつきぢ田村での反省会。

2012年たんけん隊メンバーみんなで事業の意味と成果、いろいろな事を確認し、
楽しく会食させていただきました。

田村さんの遊び心がふんだんに、尚且つ料理に対する思いを聞きながら食事。

出だしからスカイツリー見物。
DSC_0339.jpg
唐墨は塩だけでなく砂糖も使って〆るそうな。まろやかなり。勉強になる。
DSC_0340.jpg
冷酒もおしゃれに。
各人の敷紙は一枚一枚絵柄が違います。
暉昭さんの手書きということです。すごい!(帰り際にご挨拶させていただきました)

DSC_0342.jpg
さて、料理は煮物椀。
木地肌が見える椀。
DSC_0341.jpg
金目の兜焼き清汁椀。
豪快な一品。
魚のあらと言えばあらなのですが、旨い。

茶懐石では食切りが基本ですから、食べ終わった時に椀に骨が残るのはNG。
その流れから懐石料理や会席料理の椀物はこういった料理が少ない。

しかし、うまいものはうまい。


つきぢ田村では食材は余すことなく最後まで使い切るのが身上とのこと。
カラスも寄りつかないw

DSC_0343.jpg
造りは市松の皿に沢山。
赤貝、伊佐木、北寄貝、いわし、鯛、鮪、勘八、あと一つなんだっけかな。
それぞれに違うソースが付いてます。

DSC_0345.jpg
長芋寄せ、陸蓮根とろろにうに。定番のうまさ。

この後焼物で秋刀魚が出るのですが、
画像がなくて動画でとっちゃいました。
それぐらいライブ感がすごい秋刀魚の焼物。

たかが秋刀魚と思えばそれまで。ところがやはりそこにももっと旨く食べるための工夫がありました。


DSC_0350.jpg
極め付けは、伊勢海老と松茸と和牛(どこの牛だったか聞き忘れました)のすきなべ。
伊勢海老の味噌のソースを添えて。

最後はご飯が出てきて、この鍋のだしをかけて汁かけメシです。



DSC_0351.jpg
DSC_0352.jpg


DSC_0353.jpg
DSC_0354.jpg
デザート2種まで平らげ、みなさん大満足。



いろいろ勉強させていただきました。
御馳走様でした。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/588-ed6e81d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【先月の「つきぢ田村」】

先月の定休日にあったつきぢ田村での反省会。2012年たんけん隊メンバーみんなで事業の意味と成果、い まっとめBLOG速報【2012/10/26 01:03】

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。