!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻寿しには三つ葉が入ってないと・・・
七福巻 018
節分の巻寿しはもはや国民的行事ですね。

ひさご寿しの節分限定巻寿しは「七福巻」と言います。
何十年も続けている節分の定番です。



いつもの巻寿しと違うのは、海苔と中の具です。

海苔は同じ有明産ですが、香ばしく焼いた「焼き海苔」をつかいます。
中具は多賀大社で祈祷祈願していただいた「豆」入りの厚焼き玉子、
焼穴子、新香、椎茸、かんぴょう、高野、そして三つ葉。


ひさご寿しの巻寿しに三つ葉は絶対です。


近年ちまたの巻寿しには胡瓜を入れている店が多いのですが、
三つ葉が入った巻寿しとは別物と言ってもいいでしょう。


使うのは水耕栽培の三つ葉ですが、やはりそれでも三つ葉のある無しで風味が全然ちがいます。
私が子どもの頃は三つ葉が畑に植えてあって、香りの強い三つ葉が楽しめたものです。
露地物の三つ葉の香りは水耕栽培とは一段格がちがいます。


その香り強い三つ葉と地鶏で「かしわのすき焼き」をしたならば、
近江牛のすき焼きにも匹敵する美味しさです。

歯ごたえとうま味がモーレツな地鶏のもも肉、プルンとした地鶏の皮、
玉葱の甘味、甘辛い醤油と砂糖の味を
露地物の三つ葉の香りとシャクシャクした歯ごたえが引き締めます。

焼酎でも清酒でもビールでも旨い事間違いありませんなww


まあ節分の話とはそれましたが、
食べ物の味と言うのは、香りが違えば別の料理になってしまうと言っても過言ではありません。


スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/597-c716814e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。