!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏千家 西川社中 お茶名披露の点心
本日は裏千家西川社中の先輩、3人さんがお茶名を頂いた披露で点心をご注文いただきました。
余裕があれば私も一緒に茶席へ入りたかったところですが、点心のご用意だけになりました。
DSC_0469.jpg
只今、近江八幡の旬は沖島のわらびです。
と言うことで、ご飯は天然わらびのご飯、サクラマスの幽庵焼き、
飯蛸、人参松風、生麩の木の芽田楽、若竹煮、鰆の当座煮など。
煮物椀には蛤真薯、新海苔薄葛仕立て。
DSC_0470.jpg

DSC_0472.jpg
席入りに合わせて煮物椀の真薯を温められるように準備をして運びます。

あじろの入れ物はお持ち帰りしてもらえるようにしました。


夕方、お茶名を披露された御三方のお一人が丁寧にお礼にご来店。
御料理の賛辞を頂戴いたしました。

お稽古では顔をあわせる社中の先輩方。
なかなかご無沙汰しておりますが、喜んでいただけたことは何よりです。


さて
長らくお稽古には行けておりませんが、お茶の世界はやはりとても学ぶことが多い。
茶懐石のもてなしは、日本料理のもてなしを形式化した一つの芸術です。

茶道具、茶室の設え、掛け軸など芸術品と呼ばれるものが確かに存在しますが、
日本料理を生業にしている私からすると、

待合、席入り、初炭、懐石、仲立、濃茶、後炭、薄茶・・・・

この流れが何とも出来上がった芸術の域だと感じます。


知人の社長は男4人、好き者が寄って自宅で茶懐石を気ままにやってるとの事。
数寄者ですな。


難しく考えずとも実に茶を美味しく楽しめるようになりたい。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/608-1d1faa84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。