!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土用といえば近江の至宝「鮒寿し」の漬け込み
全国的に土用といえば「丑の日」



である。


しかし!!
私にとっては「鮒寿し」の漬け込みです。

毎年、梅雨が明けて土用晴れの日になると塩きりの鮒を
近江(江州)米の御飯と共に樽に漬け込みます。
一度漬け込みますと、我が家では1年以上は出さずに
水を入れ替える作業だけです。
1年半もしますと、御飯がほぼ全体に乳酸醗酵が回り
鮒はえもいわれぬ芳醇な食べ物に変化するわけです。

漬け込みの様子はこんな感じ

仕込み1

仕込み2



あー楽しみだ!!

辛口の吟醸酒(七本槍なんか)を信楽焼の盃にそそぎ
酸味と芳しい鮒寿しをアテにゆっくりと時間を楽しむ。

最高ですな。
スポンサーサイト

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/65-341d5004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。