!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江神宮 御鎮座記念祭  庖丁式紅葉鯉奉納
11月7日は近江神宮の「御鎮座記念祭」。


「御鎮座記念祭」は近江神宮の言わば誕生日祭。


神宮の歴史としては比較的新しいのですが
祀られている祭神は天智天皇の神霊であり
近江神宮はかつて天智天皇の開かれた近江大津宮旧蹟に御鎮座しております。


記念祭では創美流華道献花式と共に
清和四條流庖丁式紅葉鯉が奉納されました。

さらに近江八幡の歴史にも残っている天皇ゆかりの果実「むべ」が
沖島奥津島神社の宮司様により奉納されました。


晴れ晴れとした天気と厳粛な空気の中、滞りなく祭が執り行われました。



かつて、蘇我家の独裁と政治の腐敗を憂い
クーデター(大化の改新)を断行した天智天皇。
現在の混沌とした日本にそれほどのリーダーシップをもって
改革を断行できる若き力が現れ、光をともすのか
それともまだまだ混沌極めるのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/83-b1c95d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。